0

芳員 / 亜墨利加国蒸気車往来

SKU: C19099
タグ: 鉄道   夜景  
価格 ¥356,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
If you double-tap on the image, it will be zoomed up.

作品
年代 : 文久元年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : マージンに小虫穴

ディレクターコメント
芳員は文久期から明治にかけて、開港した横浜を舞台に、外国人や外国から到来したものを題材とした「横浜絵・開化絵」をよく描きました。この作品はまだ鉄道がない文久元年に描かれていて、船ともトレーラーともつかない奇妙な汽車を描いています。蒸気船なのに外輪が無く、航行中であるのにタラップが降りたまま等、かなりの部分を芳員が創作していると思われます。

From 1861 to the Meiji era, Yoshikazu often drew "Yokohama-e" based on foreigners in Yokohama, where the port opened.
This print was drawn in 1861, where there is no railroad yet, and depicts a strange train that has neither a ship nor a trailer.
Although it is a steamship, there is no outer ring, and it seems that Yoshikazu has created a considerable part, such as the ramp is still down while sailing.


Information
Date : 1861
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Small wormholes on margin