0

北尾 重政 / 浮絵 待乳山麓三橋亭機織二階座敷之図

SKU: C20001
価格 ¥800,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 宝暦後期 - 文政3年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 中折 / 少汚れ / 落款: 碧水陳人画

ディレクターコメント
浮絵とは西欧の透視画法(遠近法)を用いて屋内の様子などを遠近感を強調して描いたもので、当時は浮き上がって見えると評判であった。
北尾 重政は江戸時代中期の浮世絵師で、北尾派の祖である。
書肆(本屋)の長男として生まれたことから絵師を志すようになり、すでに10歳で版下絵を描いていたという。師はおらず、独学でその技術を習得している。
美人画のほか、浮絵や草双紙の挿絵も多数描いたが、一枚絵よりはむしろ版本における活躍が目立つ。


Information
Date : 1800 - 20
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Centerfold / Slight browning / Seal: Hekisui Chinjin

Uki-e is a type of painting that uses the Western perspective painting method to depict indoor scenes with an emphasis on perspective and was popular at the time.
Shigemasa was an Ukiyo-e artist of the mid-Edo period and the founder of the Kitao school.
Born as the eldest son of a bookstore owner, he aspired to become a painter and was already drawing paintings for the block prints at the age of 10. Also, he taught himself the technique.
In addition to paintings of beautiful women, he also painted many Uki-e (woodblock prints), but he was more active in the artworks in printed books than in single paintings.