0

芳宗 / 甲斐の国身延山の高祖日蓮~

SKU: C20060
価格 ¥45,000
スマートフォンのお客様は、画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 弘化4 - 嘉永5年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 小虫穴補修

ディレクターコメント
「武田信玄の身延攻め」を描いた一枚。
身延山を明け渡すように要求した信玄であったが、日叙上人は七面大明神が宿る神聖な山を明け渡すわけにはいかぬとそれに応じなかった。
信玄はその答えに立腹し、大軍をもって身延山に押し寄せる。
この伝説では、その際川が急流に変わり、山全体が軍神となって武田軍を退けたとされる。
七面大明神の後ろにいる軍勢は、身延山の杉林が軍神と化したもの。その杉並木は現在も「軍神杉」として残っている。
芳宗は江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師。国芳の門人であった。


Information
Date : 1847-52
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Restored small wormholes

The artwork depicting "Takeda Shingen's attack on Minobu."
Shingen demanded Nichijo Shonin to surrender Mt.Minobu, but he refused, saying that he could not surrender the sacred mountain where goddess Shichimen Daimyojin resided.
Shingen was angered by his answer and he rushed to Mt.Minobu with a large army.
According to the legend, at that time, the river was replaced by a rushing stream and the entire mountain became a god of war, repelling the Takeda army.
The army behind the goddess Shichimen Daimyojin is the cedar trees of Mt.Minobu that turned into the god of war. The line of cedar trees still remains today as the "War God Cedar".
Yoshimune was an Ukiyo-e artist active from the Edo to Meiji periods. He was a pupil of Kuniyoshi.