0

芳年 / 月百姿 南海月

SKU: C20096
タグ: 月百姿  
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up the images.

作品
年代: 明治21年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ

ディレクターコメント
月を背に佇むのは白衣観音である。白衣観音は観音菩薩の母として仰がれており、月下に騒ぐ荒波の中であってもその表情は穏やかだ。
月百姿」は芳年が明治18-25年に発表した全100点の月をテーマとした作品である。8年を掛けて完結し、明治25年6月の芳年の死の直後に100作品に目録と序文を添えた画帖が発売された。幅広い画題と多彩な画風を駆使して描かれ、芳年の最後の大作・代表作の一つと評価されている。版元は滑稽堂秋山武右衛門である。


Information
Date : 1888
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning

Sitting with her back to the moon is Byakue-Kannon. She is worshipped as the mother of the Bodhisattva Avalokiteshvara, and her face is calm even in the stormy waves.
Yoshitoshi was the last great woodblock print master of the Ukiyo-e tradition, and One Hundred Aspects of the Moon is regarded as his greatest achievement. Yoshitoshi's One Hundred Views of the Moon offers not only a compositional and technical brilliance but also an unfettered passion. From fantastical ghost stories to historical epics, elegant courtesans to fierce samurai, Yoshitoshi casts each tale in the moonlight.