0

広重・豊国三代 / 双筆五十三次 加奈川

SKU: C21022
価格 ¥45,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 安政元年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / 端折

ディレクターコメント
主に未婚女性の髪型であった島田髷であるが、この作品では男性が描かれている。
これは「お札まき祭」と呼ばれる八坂神社のお祭りを描いたもので、リーダーの男性がこの髪型を結う。八坂神社の祭神は当時流行したコレラを退治してくれると言われた疫病神であった。
双筆五十三次は、人物画を豊国三代が描き、背景を広重が描いている。人物の表情は生き生きとしており、役者絵を得意とした豊国三代らしく役者似顔で描かれた人物も見られる。背景は俯瞰でさっぱりと仕上げられており、二人の絵師の特徴を生かしながらも調和のとれた佳作である。


Information
Date : 1860
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Side fold

In this series, the figures in the foreground are painted by Toyokuni III, and the background landscape by Hiroshige.
Although the Shimadamage was a hairstyle mainly for unmarried women, the figure in the center is a man.
This artwork is depicting the festival "Ofudamaki-Matsuri". During the festival, the leader of the dancers dressed their hair like this.
The deity of Yasaka Shrine was the deity of plague, which was believed to exterminate cholera that was prevalent at that time.