0

芳幾 / 今様擬源氏 十 瀧夜叉姫 荒猪丸

SKU: C21141
タグ: 夜景  
価格 ¥30,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 元治元年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : マージンに少汚れ / 小虫穴補修

ディレクターコメント
芳幾は国芳の門下で、芳年の兄弟子にあたる。国芳が没した後に、芳幾は遊女屋風俗などを描いて幕末から明治初期にかけての浮世絵師の第一人者のひとりとなった。
明治5年には「東京日日新聞」の発起人となり、明治7年には錦絵版「東京日日新聞」に新聞錦絵を書き始め、錦絵新聞流行の先駆けとなる。明治8年には「平仮名絵入新聞」(のちの「東京絵入新聞」)の創刊にもかかわり、この新聞で挿絵画家としても活動した。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1864
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning on margin / Restored small wormholes

Yoshiiku was a pupil of Kuniyoshi and a brother pupil of Yoshitoshi. After Kuniyoshi's death, he ​became one of the leading ukiyo-e artists from the end of the Edo period to the beginning of the Meiji period by depicting the manners and customs of brothels.
In 1872, he became the founder of the "Tokyo Nichinichi Shinbun" (Tokyo Daily News), and in 1874, he began to create Ukiyo-e for the "Tokyo Nichinichi Shinbun" (Tokyo Daily News), pioneering the Ukiyo-e newspapers. In 1875, he was also involved in the founding of "Hiragana Eiri Shinbun" (later "Tokyo Eiri Shinbun") and worked as an illustrator for this newspaper.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints